西日本を中心に発生しましたこのたびの平成30年7月豪雨により、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

The Japanese Society of Renal Rehabilitation

 Renal rehabilitation is coordinated, multifaceted interventions designed to optimize a renal patient’s physical, psychological, and social functioning, in addition to stabilizing, slowing, or even reversing the progression of renal deterioration, thereby reducing morbidity and mortality. RR includes five major components; such as exercise training, diet & fluid management, medication & medical surveillance, education, psychological & vocational counseling.

  The Japanese Society of Renal Rehabilitation promotes the progress and disseminate of the knowledge of renal rehabilitation through the presentation of papers on theoretical studies of nephrology, comprehensive rehabilitation and its practical applications, exchange of knowledge, encouragement of continuing education for members, enhancement of mutual coordination and cooperation of members and also related domestic and foreign societies. Through the promotion of these activities, the society aims to contribute to the development of renal rehabilitation. 

 

 

<Overview>

Establishment

2011

Corporate status

Authorized as Corporation by the Ministry of Education,

Culture, Sports, Science and Technology in 2011

Chair,

board of Regents

Masahiro Kohzuki, M.D. Ph.D.,

Tohoku University Graduate School of Medicine

Number of Members

1306 members, 98 facilities (as of December 2018)

 

 

Activities

1. Scientific Meeting

  a. Annual Scientific Meeting

2. Publication

  a. Newsletter of the Japanese society of Renal Rehabilitation (yearly, in Japanese)

3. Research and Investigation

4. Encouragement of Research/ Award for Medical Achievements

   Young Investigator’s Award of the Japanese Society of Renal Rehabilitation (Awarded to an oral

   presentation at the annual scientific meeting who is under the age of forty)

5. Board of Medical Specialties System

6. Continuing Medical Education

7. Coordination and Cooperation with Related Academic Organizations

8. Promotion of International Research and Cooperation

9. Projects designed to achieve our aim 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

第1回腎臓リハビリテーション指導士募集要項を公開しました。ご確認ください。

※ 試験受付は終了致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日本心臓リハビリテーション学会との共同ステートメントについて

 当学会は、先般、日本心臓リハビリテーション学会と共同で、「骨格筋量低値患者または運動療法実施患者における推定糸球体濾過量(eGFR)による腎機能評価」に関するステートメントを策定して参りましたが、7月に理事・監事の信任で決定し、日本腎臓リハビリテーション学会ホームページ:https://jsrr.jimdo.com/心臓リハビリテーション学会とのステートメント/にアップ致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせとお願い

当学会では、会員の方々にご登録いただいておりますメールアドレスを通じて、ご連絡をさせていただくこととなりました。つきましては、既にご登録済みのメールアドレスを更新なさりたい方、ご連絡先を変更なさる方等、メールアドレスの変更を必要となさる方々には下記メールアドレスにご連絡いただきたく存じます。

メールアドレス: jsrr@naibu.med.tohoku.ac.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第11回日本下肢救済・足病学会学術集会

<第11回日本下肢救済・足病学会学術集会>
■ 会 期:2019628日(金)~29()
■ 会 場:神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場 他
■ 会 長:寺師 浩人(神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)
[事務局]神戸大学大学院医学研究科 形成外科学
[運営事務局]株式会社JTBコミュニケーションデザイン ミーティング&コンベンション事業部内

 

第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会のご案内

第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会の公式ホームページ: